ケアーからキュアーへ | 日本不整脈外科研究会
新田隆
新田隆 心臓血管外科 部長
新田隆新田隆

心臓血管外科は心臓、大血管、末梢血管の疾患に対して外科治療を行う診療科で、対象となる病気は先天性心疾患、冠動脈疾患、弁膜症、大動脈疾患、末梢動静脈疾患などです。

日本医科大学は、1964年に最初の心臓手術を行って以来、半世紀におよぶ伝統と国内有数の実績を誇る施設で、各領域の専門家を擁して最先端の外科治療を行っています。
近年、心臓血管外科の臨床は大きく変化しています。治療成績が飛躍的に向上しただけでなく、治療の低侵襲化が推し進められ、安全で小さい手術創など患者さんの体に優しい外科治療が、短い入院期間で受けられるようになりました。日本医科大学では心拍動下冠動脈バイパスはもちろんのこと、小切開や胸腔鏡下での心臓手術、ステントグラフトなどのハイブリッド治療を診療科の枠を超えたハートチームとして行っています。

通常の心臓血管外科手術だけでなく日本医科大学でしか受けられない治療も多く行っており、全国各地の大学病院や循環器専門施設から治療困難な患者さんを数多くご紹介いただいています。
特に心房細動や心室頻拍などの不整脈の外科治療は治療内容、治療成績ともに国内随一です。
術前術中のマッピングなどの電気生理検査の結果に基づいて、個々の患者さんで最も的確な治療方針や治療部位を検討して手術を行っています。

若手の指導、教育にも力を注いでおり、外科専門医と心臓血管外科専門医の取得はもちろんのこと、基礎研究や臨床研究を指導して、科学的な視点を持った心臓血管外科医の育成に努めています。具体的には、基礎医学教室と協力した再生医療、iPS細胞の研究や不整脈の外科治療に関する多くの研究を行っています。

日本医科大学心臓血管外科では病診連携を密に行い、ご紹介頂いた患者さんに最新の治療を安全に提供するとともに、ご紹介元の先生には十分な情報提供を遅滞なく行っています。
どのような循環器疾患でもまずはご相談下さい。

PAGE TOP