ケアーからキュアーへ | 日本不整脈外科研究会

下肢静脈瘤とは?症状は?

足の皮膚の下の血管がボコボコと膨れる病気が下肢静脈瘤です(図1)。下肢静脈瘤があると、足のだるさ・違和感・むくみ・つり・しびれ・痛みなどの症状がでてくることがあります。
また、静脈瘤内に血栓ができると血栓性静脈炎を発症し赤く腫れたり、足が黒ずんだり(色素沈着)、ひどくなると潰瘍ができたりします(図2)。一旦できた静脈瘤は自然に軽快することはありません。

図1 様々な形態の下肢静脈瘤、図2 下肢静脈瘤による合併症

原因は?

心臓から駆出された動脈血は四肢の末端まで供給され、筋肉などの組織へ酸素を供給し静脈血となって心臓へ戻ってきます。両足の静脈血は重力に逆らって心臓に戻っていくわけですが、その機序としては以下のメカニズムが考えられます。

1.歩くことで筋肉が収縮し静脈血を心臓方向へ押し上げます。

2.呼吸により腹圧が変化し、また胸郭の変化により静脈血が心臓方向へ戻りやすくなります。

3.静脈血が重力に従って末梢側に戻ってこないよう、静脈の所々に逆流防止弁(一方向弁)があります。

このようにして静脈血は心臓方向へ戻ります。足の静脈には皮膚のすぐ下を走行している静脈(表在静脈)と、足の中心を走る太い静脈(深部静脈)があります。足の静脈に負担がかかることで表在静脈の逆流防止弁が壊れると、深部静脈から表在静脈へ血液が逆流し、下肢静脈瘤ができる原因となります(図3)。

図3 図3

静脈の逆流防止弁が壊れる要因としては以下のようなものがあります。

妊娠

立ち仕事

肥満

遺伝的要因

図3

治療法は?

下肢静脈瘤の治療法は以下のようなものがあり、各患者様の病態に合わせて、また各患者様のご希望により決定されます。

ストリッピング手術

逆流防止弁が壊れた静脈を外科的に抜去する根本的な治療法です。
全身麻酔下に鼡径部と膝付近に切開を加え、静脈瘤の原因となっている静脈(大伏在静脈)を抜去します。

高周波による血管内焼灼術

逆流防止弁が壊れた静脈内に高周波カテーテルを挿入し焼灼することで、血管を内側から焼いてしまい、血流をなくしてしまう方法です。
皮膚に切開を加える必要はなく、ストリッピング手術に比べ、患者さんの体に負担が少ない治療といえます。保険適応があり、安心して治療が受けられます。手術後の痛みや、皮下出血、神経障害はストリッピング手術より頻度も少なく、程度も軽いことが多いです。
高周波による血管内焼灼術はすべての患者様に適応があるわけではなく、血管が極端に太く、または蛇行の強い場合は、ストリッピング手術が適応となります。

瘤切除(stab avulsion)

ストリッピング手術と同時にできてしまったコブ(静脈瘤)を切除する術式です。
特殊な器具を使用し数mm程度の切開創より静脈瘤を除去します。

硬化療法

血管の中に入ると固まる特殊な硬化剤を静脈瘤内に注射し瘤自体を固めてしまう方法です。少し皮膚が黒ずむ(色素沈着)副作用があり、根本的な治療法ではありませんが、クモの巣状静脈瘤や陰部静脈瘤などには良い適応となります。

弾性ストッキング

高い圧のかかるストッキングをはき表在静脈を圧迫することで、静脈瘤の増悪を防ぐことができます。根本的な治療法ではありませんが、適切な圧・サイズを選ぶことで高い効果が期待できます。

高位結紮手術

逆流の原因となっている血管の根本を結紮または切離します。 局所麻酔で施行可能ですが、再発が多く特殊な状況下でのみ行います。

当院の特色

下肢静脈瘤はごくありふれたよくある疾患であり、それ自体が生命の危機に直接影響を及ぼすことは滅多にありません。しかしながら静脈瘤は自然に軽快することはなく、場合により著しくQOLを損ねる原因にもなりかねません。以前は下肢静脈造影などの侵襲的な検査をすることもありましたが、現在では下肢静脈超音波検査でほとんどの病態をつかむことができるようになりました。下肢静脈瘤で悩まれている方のみならず、下肢のむくみや皮膚病変などフットケアに関わることなら何でもお気軽にご相談ください。

PAGE TOP